足のにおい対策について

足のにおいは自分の家族はもちろんですが他人様には絶対にかがせたくないものです。一度でも知られてしまったら「あの人は足が臭い」というレッテルを貼られてしまいます。

靴を一日中履いたままならよいのですがお座敷など靴を脱がなくてはならない場面ということもあります。

靴を脱ぐ予定はなかったのに脱がなくならなくなってしまったときは全身から冷や汗が出てきます。

そのようなことになってしまったときに焦らないためには替えの靴下を用意しておいてお座敷のお店に行く前に履き替えておくことや足専用の消臭スプレーを常に持ち歩いておくということです。

普段から足のにおい対策を行っておくということも大切です。洗うときに使うボディーソープや石けんはにおいに悩んでいる人専用のものを使用します。

消臭効果のある柿渋エキスや緑茶エキスなどがにおいや雑菌まですっきりと取り去ってくれます。

洗った後はタオルでしっかりと水分をふき取ってドライヤーで足を乾かします。

湿ったままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。その後消臭スプレーを吹きかけておけば完璧です。

靴下を買うときは安物ではなく消臭効果があるちょっと高めの靴下がおすすめです。

【出典】http://服が汗臭い.com/

足のにおいを撃退させるために行っていることについて

若かった頃は足のにおいに悩んだということはほとんどありませんでした。でも30代後半になってからは靴を脱いだ時にプーンと嫌なにおいがするようになってしまいました。

これが加齢臭というものの始まりなのかなと思いました。

これは本気になって足のにおいを撃退させなくてはと思い本屋に行って調べたりネットで検索したりしました。

いろいろと調べてみた結果、デオドラント効果がある石けんで指の間までしっかりと洗うということと毎日同じ靴を履かないということが足のにおい対策になるということがわかりました。

ドラッグストアに行くと様々な種類のデオドラント石けんがありました。

柿渋エキスを配合しているものや竹炭を使っている真っ黒な石鹸などがありどれにしようか迷いました。

迷った結果、どちらも購入しました。家に帰ってきて早速使ってきました。

いつもは便利なポンプ式のボディーソープを愛用していたので石けんを使うのは久しぶりでした。

思っていたよりも泡立ちがよくすっきりと洗うことができました。洗いあがりの足のにおいを嗅いで見ると嫌な臭いがしませんでした。

足のにおいに悩んでいる人へのアドバイスは石けんにこだわってほしいということです。

少なくても3足ぐらい靴があれば足のにおいがこもることもありません。

足の臭いが他人にバレないようにしていること

足が臭いせいか、靴や靴下が1日経つと臭うようになります。そのため靴箱も洗濯物カゴも、絶対に人には見せられません。近づいただけでも臭うからです。足のにおいについてネットで調べたところ、原因はストレスの影響が強いと書かれていました。ストレスを減らす方法がよくわからなかったので、とりあえず靴には良い匂いのする中敷きを常に敷き、1日履いた靴には10円玉を入れてベランダで風通しするようにしました。

人の家に上がるときなどは、とくに足を綺麗に洗ってから制汗スプレーを吹きかけ、中敷きを新しいものにして、匂いのする柔軟剤で洗った靴下を履いていきます。どうしても気になるときは、家に上がる前にどこかで靴下だけ新しいものに取り換えます。

学生時代は靴が臭いと友人に言われたこともあります。それ以来気にするようになりましたが、自分では平気だと思っていても不安になることがあります。靴屋さんでは店員さんが足の近くに座って接客をするときがあるので、いつも迷わず購入しています。対策としては、汗をたくさんかいて臭いの無い汗にするために、半身浴やウォーキングをするようになりました。半身浴きちんとした翌日は比較的足が臭いにくい気がしています。

足の臭いの悩みは消臭スプレーや消臭剤に頼らず確実に解決出来ます。

私が足の臭いを気にし始めたのは、会社の飲み会で座敷席にあがったとき意外と自分の足が臭うと気付いたことに始まります。

それが気になり毎日お風呂で爪の溝から指の間までしっかり洗うようになったのですが、数回洗いなおしても、足に臭いが染み付いたようでまったく改善しませんでした。

そもそも足のにおいの原因とは靴にあります。足は1日でコップ一杯分の汗をかくのですが、たいていの人は生乾きのまま連続ではき続けるので、湿気をもとに雑菌が繁殖して臭いが発生します。その臭い足に移ることと、不潔な靴を履くことで足の指の間や爪の溝など足自体にも雑菌が繁殖することが臭いの原因となります。

実際、足の臭いというのは本人が思っている以上に他人にも臭います。

仕事場で私の前の席に座っている方は、外回りを終えて事務作業をするとき革靴を脱ぐのですが、足元に仕切りが無いタイプのデスクなので、向かいに座っている私のところにもに臭ってきて、しかも鼻に刺すような刺激臭から涙やくしゃみが止まらない重度のレベルなのですが、それを直接本人に言うわけにもいかず非常に悩まされています。

足の臭いをなくすのは意外と簡単で靴を複数購入して、最低でも3足をローテーションで履くことです。出来れば一日一足ローテーションで履き替えられるように5足以上用意できればベストです。理由は靴の湿気は夏場でも一晩二晩程度では乾かないためです。また、定期的に靴のつま先にたまる靴下が磨耗することで出来る綿ぼこりを除去することです。これだけで劇的に足の臭いが改善されます。

また、現在足の臭いを取ることをはじめる場合は、石鹸で足を洗った後、ミョウバンを溶かしたお湯で足を指の間や爪の溝をしっかりと洗うことで染み付いた臭いを取ることが出来ます。

足のにおいは一手間かけるだけで防ぐことができる

自分の足のにおいがくさいと気付かされたのは、中学1年の時でした。サッカー部の活動から帰宅し、床でくつろいでいた自分に「前から言おうと思ってたんだけど、足くさいよ」と姉が指摘してきたのがきっかけとなり、その時ようやく「自分の足のにおいはくさい」と理解したのです。

足のにおいがくさいのは体質的なことがあるのかもしれませんが、サッカー部で毎日のように同じ靴を履いて活動していたのも、においが強烈になった原因でした。それ以来、靴を2足交互に履くようにし、2週間に一回は手洗いをして清潔に保つようにしてにおい対策をしていました。

サッカー部を辞めてからは毎日のように同じ靴を履くことは無くなったので、においに関して悩むことは無くなっていたのですが、サラリーマンとなり毎日ビジネスシューズを履くようになったことで、足のにおい問題は復活する形となりました。その足のにおい問題が復活していると気付かされたのは、飲み会の席で靴を脱いで座敷に座っていた時に「お前足くさいよ」と同僚から言われたのがきっかけとなりました。その日以来、以前までと同じように靴を2足用意し交互に履くようにしたのはもちろん、足用の消臭スプレーを仕事がある日は毎日のように吹きかける対策をしています。そのおかげもあり、飲み会の席などで靴を脱いでも、足のにおいについて指摘されることは、今の所ありません。

足が蒸れて臭ってしまう

私の足はよく蒸れて臭います。自分でもわかるくらいだから周囲にも臭いは行き届いていることでしょう。

靴を履いている時は気にならなくても、他人の家に上がったり、自分の家に友人を招いた時は臭いに敏感になってつい足を隠してしまいます。

でも隠すだけでは解決になりません。靴を履いていない状態の時がポイントなのです。足の臭いに関しては、友人との談笑に集中できないほど気になってます。

我が家にはスリッパはなく、基本的に靴下やストッキングを履いたそのままの状態で家に上がります。座る時は床です。だから余計に足の臭いが気になり集中できなくなってしまいます。

私の足の臭いはわかりやすく言うと靴箱の臭い。履いた靴そのままの臭いが私の足からしてきます。私の場合それなりに臭いがきついため、靴底に通気性の良いパッドを敷いたとしてもあまり意味がありません。足の臭いそのものを消さなければ問題解決にはならないのです。

だから私はできるだけ足が蒸れないように普段は素足で生活するようにしています。靴下を履くとどうしても足が蒸れてしまうため、それを防ぐために、常に足が空気に触れるようにします。

そして最も重要なのは足を清潔に保つこと。私は、入浴時に足を洗うことが臭いに最も有効な方法だと思っており、毎日ボディソープでよく洗ってます。

足の臭いは自分が原因であるとは限らない

僕は、昔靴が凄く好きで、靴を集めては色んな靴を履いていました。そして、お気に入りの靴で街に出て楽しんでから家に帰宅しました。

すると、弟が鬼の形相で「臭い!!」と言いました。

それから部屋の奥からスプレータイプの消臭剤を持ってきて、僕の靴は長時間、玄関にもそれを大量に振りかけていました。

僕は最初、心底失礼なヤツだと思って怒っていたのですが、実際に自分の臭いを嗅ぐと本当に酷い臭いで怒りよりショックが大きかったです。

それからそのお気に入りの靴を履いて出かける度にその酷い臭いはしていました。そこで注意深く考えたところ、まず、他の靴を履いている時にはその臭いはしていません。

ということはこの靴を履いている時だけあの異臭がしてしまうのです。そして前からその靴に関しては、気に入ったデザインではあったけれどサイズが若干合っていなくて、履いて出かけた後はいつも足が痛かったのです。

そんな靴を長時間履いて街を歩いていたのです。色々調べると、本当に靴が合っていないことにより異臭が出るそうなのです。

それからというもの、その靴はなるべく履かないようにしました。そして、新しい靴を買う時も、メーカーによって大きさやフィット感は若干違うので、サイズ選びは慎重になって選んでいます。

もちろん予備のソールも買っておいて、それらを数週間~数か月スパンで洗濯して交換しています。それからというもの、嗅ぎ取れるかどうかの臭いはあっても、消臭スプレーが必要な程ではなくなりました。

臭いが原因で悩んでいる人は、絶対に靴のサイズ感をまず気にしてみて下さい。それは絶対にどうしようもないので最初に行って、それから対策を打ってみると良いと思います。

爪と皮膚の間に溜まった垢を取り除くことが足のにおいを防ぐ

足のにおいは垢の臭いがします。垢が腐ったような臭いがするのですが、そのにおいはかなりキツイです。しっかりと洗わないと、そのにおいはますます酷くなります。靴下を履いてはスニーカーなどを長時間履いていますと、その臭いはますます酷くなります。自分でも嫌気がさすほどに臭く、本当に嫌になります。

足のにおいの原因は、垢をしっかりと取り除いていないからということが原因です。爪と皮膚の間に溜まった垢をしっかりと取り除かないでそのままにしておくと、どうしても垢がたくさん溜まってしまいます。それに靴下を履いては蒸れる状態になっていれば、よりその汚れが臭くなるのです。綺麗に洗っていないから、ますます垢が溜まります。通気性も悪く、ますますにおいが酷くなるのです。

足のにおいで辛いのが、かなり部屋の中に充満してしまうことです。人を不快にしてしまい、親も嫌な顔をします。親に「臭い」と言われては嫌な顔をされてしまい、まったく嫌になります。裸足になるとますます臭くなるので、裸足になれません。結果、ますます足のにおいが悪化してしまうのでした。

そんな足のにおいの対策には、石鹸でよく洗うことです。石鹸で洗う前に、お湯の入った桶に両足を入れて10分ほどそのままにします。そして、垢が浮き上がった時に足用のブラシで足の指の間を綺麗に擦り、汚れを取り除きます。指と指の間の垢も取り除きます。それから石鹸の泡で軽く洗います。