月別アーカイブ: 2019年2月

足のにおい対策について

足のにおいは自分の家族はもちろんですが他人様には絶対にかがせたくないものです。一度でも知られてしまったら「あの人は足が臭い」というレッテルを貼られてしまいます。

靴を一日中履いたままならよいのですがお座敷など靴を脱がなくてはならない場面ということもあります。

靴を脱ぐ予定はなかったのに脱がなくならなくなってしまったときは全身から冷や汗が出てきます。

そのようなことになってしまったときに焦らないためには替えの靴下を用意しておいてお座敷のお店に行く前に履き替えておくことや足専用の消臭スプレーを常に持ち歩いておくということです。

普段から足のにおい対策を行っておくということも大切です。洗うときに使うボディーソープや石けんはにおいに悩んでいる人専用のものを使用します。

消臭効果のある柿渋エキスや緑茶エキスなどがにおいや雑菌まですっきりと取り去ってくれます。

洗った後はタオルでしっかりと水分をふき取ってドライヤーで足を乾かします。

湿ったままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。その後消臭スプレーを吹きかけておけば完璧です。

靴下を買うときは安物ではなく消臭効果があるちょっと高めの靴下がおすすめです。

足のにおいを撃退させるために行っていることについて

若かった頃は足のにおいに悩んだということはほとんどありませんでした。でも30代後半になってからは靴を脱いだ時にプーンと嫌なにおいがするようになってしまいました。

これが加齢臭というものの始まりなのかなと思いました。

これは本気になって足のにおいを撃退させなくてはと思い本屋に行って調べたりネットで検索したりしました。

いろいろと調べてみた結果、デオドラント効果がある石けんで指の間までしっかりと洗うということと毎日同じ靴を履かないということが足のにおい対策になるということがわかりました。

ドラッグストアに行くと様々な種類のデオドラント石けんがありました。

柿渋エキスを配合しているものや竹炭を使っている真っ黒な石鹸などがありどれにしようか迷いました。

迷った結果、どちらも購入しました。家に帰ってきて早速使ってきました。

いつもは便利なポンプ式のボディーソープを愛用していたので石けんを使うのは久しぶりでした。

思っていたよりも泡立ちがよくすっきりと洗うことができました。洗いあがりの足のにおいを嗅いで見ると嫌な臭いがしませんでした。

足のにおいに悩んでいる人へのアドバイスは石けんにこだわってほしいということです。

少なくても3足ぐらい靴があれば足のにおいがこもることもありません。

足もそうですけど、身体全体の臭いのケアにも気を配っています。最近は、防臭効果のある加圧シャツがありますので、そちらを毎日来ています。臭い対策&ダイエット対策で重宝しています。

足の臭いが他人にバレないようにしていること

足が臭いせいか、靴や靴下が1日経つと臭うようになります。そのため靴箱も洗濯物カゴも、絶対に人には見せられません。近づいただけでも臭うからです。足のにおいについてネットで調べたところ、原因はストレスの影響が強いと書かれていました。ストレスを減らす方法がよくわからなかったので、とりあえず靴には良い匂いのする中敷きを常に敷き、1日履いた靴には10円玉を入れてベランダで風通しするようにしました。

人の家に上がるときなどは、とくに足を綺麗に洗ってから制汗スプレーを吹きかけ、中敷きを新しいものにして、匂いのする柔軟剤で洗った靴下を履いていきます。どうしても気になるときは、家に上がる前にどこかで靴下だけ新しいものに取り換えます。

学生時代は靴が臭いと友人に言われたこともあります。それ以来気にするようになりましたが、自分では平気だと思っていても不安になることがあります。靴屋さんでは店員さんが足の近くに座って接客をするときがあるので、いつも迷わず購入しています。対策としては、汗をたくさんかいて臭いの無い汗にするために、半身浴やウォーキングをするようになりました。半身浴きちんとした翌日は比較的足が臭いにくい気がしています。

足のにおいは一手間かけるだけで防ぐことができる

自分の足のにおいがくさいと気付かされたのは、中学1年の時でした。サッカー部の活動から帰宅し、床でくつろいでいた自分に「前から言おうと思ってたんだけど、足くさいよ」と姉が指摘してきたのがきっかけとなり、その時ようやく「自分の足のにおいはくさい」と理解したのです。

足のにおいがくさいのは体質的なことがあるのかもしれませんが、サッカー部で毎日のように同じ靴を履いて活動していたのも、においが強烈になった原因でした。それ以来、靴を2足交互に履くようにし、2週間に一回は手洗いをして清潔に保つようにしてにおい対策をしていました。

サッカー部を辞めてからは毎日のように同じ靴を履くことは無くなったので、においに関して悩むことは無くなっていたのですが、サラリーマンとなり毎日ビジネスシューズを履くようになったことで、足のにおい問題は復活する形となりました。その足のにおい問題が復活していると気付かされたのは、飲み会の席で靴を脱いで座敷に座っていた時に「お前足くさいよ」と同僚から言われたのがきっかけとなりました。その日以来、以前までと同じように靴を2足用意し交互に履くようにしたのはもちろん、足用の消臭スプレーを仕事がある日は毎日のように吹きかける対策をしています。そのおかげもあり、飲み会の席などで靴を脱いでも、足のにおいについて指摘されることは、今の所ありません。

一般人も芸能人も同じ次元?後輩男の子の踊る恋物語

同じ職場の後輩男性Aくんが20代後半のちょっと変わった子です。

外見は太っているけど、不細工な顔立ちでもなくて、痩せてみたら優しそうな好青年に見えるかもしれません。

Aくんは可愛い女の子が大好きです。みんなそうだろうけど。他の部署の誰々が可愛いと公言しています。

あちこちの部署の可愛い子に目をつけていて、その部署に行くための用事をわざわざ作って女の子に会いに行きます。

同僚たちはAくんをおもしろがって、これまたわざわざAくんのために用事を作ってあげます。

Aくんが戻ってくると「今日も可愛かった?」なんて話を振ります。

相手の女の子たちは好かれているのは知っていても、仕事ですから冷たくあしらうこともできません。

最低限の事務的会話はしているそうです。Aくんはアイドルグループのライブもよく行っているそうです。

このAくんの一番変わっているところは、「僕の好きな子BEST5」と言って、可愛い子たちに順位をつけて嬉しそうに発表するところです。

誰もきいてないのに。それも何と「1位は○○部の△△さん、2位は□□グループの◇◇ちゃん(アイドル)、・・・」と、現実の人とアイドルを混ぜてランキングにしています。

一般時と芸能人が同じ次元なのか?と怖くなります。相手の女の子たちもいい気持ちはしないでしょうね。もっと実になるような恋愛をすればいいのに。

オタクさんの中にも素敵な人はいますけど、A君はオタク 婚活の場でもドン引きされてしまうのでしょうね…。

感覚がちがいすぎて、私はただ眺めているしかないのでした。