爪と皮膚の間に溜まった垢を取り除くことが足のにおいを防ぐ

足のにおいは垢の臭いがします。垢が腐ったような臭いがするのですが、そのにおいはかなりキツイです。しっかりと洗わないと、そのにおいはますます酷くなります。靴下を履いてはスニーカーなどを長時間履いていますと、その臭いはますます酷くなります。自分でも嫌気がさすほどに臭く、本当に嫌になります。

足のにおいの原因は、垢をしっかりと取り除いていないからということが原因です。爪と皮膚の間に溜まった垢をしっかりと取り除かないでそのままにしておくと、どうしても垢がたくさん溜まってしまいます。それに靴下を履いては蒸れる状態になっていれば、よりその汚れが臭くなるのです。綺麗に洗っていないから、ますます垢が溜まります。通気性も悪く、ますますにおいが酷くなるのです。

足のにおいで辛いのが、かなり部屋の中に充満してしまうことです。人を不快にしてしまい、親も嫌な顔をします。親に「臭い」と言われては嫌な顔をされてしまい、まったく嫌になります。裸足になるとますます臭くなるので、裸足になれません。結果、ますます足のにおいが悪化してしまうのでした。

そんな足のにおいの対策には、石鹸でよく洗うことです。石鹸で洗う前に、お湯の入った桶に両足を入れて10分ほどそのままにします。そして、垢が浮き上がった時に足用のブラシで足の指の間を綺麗に擦り、汚れを取り除きます。指と指の間の垢も取り除きます。それから石鹸の泡で軽く洗います。